講演会のご案内(6/23、東京都)
「高齢者の移動手段の確保に関する検討会」後の国の動き(発出文書))
今だからできることがある「Walk with 東北 プロジェクト」のご案内

お知らせ

講演会「自家用有償旅客運送と登録不要の運送を今後どう活かすか
  -地域における「福祉」と「交通」の連携を考える-」(6/23、東京都)

2018/6/6

第12回通常総会記念行事として下記の行事を開催します。
どなたでもご参加いただけます。
「高齢者の移動手段の確保に関する検討会」の「中間とりまとめ」を受け、自家用有償旅客運送、「登録不要の運送」に対する取り扱いが 一部見直されました。
福祉と交通の連携の必要性が高まる中、自治体はどのように対応すれば移動のニーズに応えられるのでしょうか。
 福祉有償運送や公共交通空白地有償運送、地域支え合い型の「登録不要の運送」の実施団体は、どのように歩みを進めていけばいいので しょうか。
国土交通省自動車局旅客課長を講師にお迎えし、参加者の皆さんとともに考えます。
--------------------------------------------------------------
●日 時:2018年6月23日(土)14:00~16:30 <受付開始13:30>
●場 所: 友愛会館 大ホール/三田会館内 9階
●対象者:福祉有償運送等の移動サービス実施団体、自治体担当者、関心のある個人・団体 (定員 140名)
●参加費:500円(資料代として)
●プログラム
〇講演:高齢者の移動手段の確保に関する検討会の
「中間とりまとめ」を受けた対応と今後の見通し(仮)
     金指(かなざし)和彦氏/国土交通省自動車局旅客課長

〇トークセッション:-5年後・10年後の地域を見据えて、今何ができるか-
 コーディネーター:中根 裕/全国移動サービスネットワーク理事長
      テーマ1地域交通としての自家用有償旅客運送の今後について
     テーマ2「登録不要の活動」の取り扱いについて
     テーマ3自家用有償旅客運送の検討プロセスのガイドライン化について

●お申込み方法
お申し込みチラシはこちら

*お申し込み欄の事項を、メール本文に書いて、全国移動ネットにメールでお送りいただいても構いません。

「高齢者の移動手段の確保に関する検討会」後の国の動き(発出文書)

2017/11/8
追記2018/5/23

 高齢運転者による交通事故防止対策を目的として、国交省設置・主宰した「高齢者の移動手段の確保に関する検討会」の「中間とりまとめ」では、自家用有償旅客運送や互助による輸送も含めて、移動手段を確保していく必要があるという認識が示されました。
 全国移動ネットでは、同検討会に河崎副理事長を派遣するともに、上記の調査研究事業で得た先行事例の情報や相談内容を集約し、厚生労働省と国土交通省にはたらきかけを行ってきました。

「中間とりまとめ」後の対応として、国土交通省と厚生労働省から発出された通知等

▼2017(平成29)年6月28日付  老発0628第9号/厚生労働省老健局長
「「介護予防・日常生活支援総合事業のガイドラインについて」の一部改正について」
こちら(厚労省のサイト)

▼2017(平成29)年7月20日付  国総計第59号/国土交通省総合政策局交通計画課長
「高齢者の移動手段の確保に向けた環境整備について」(「中間とりまとめ」含む)
国土交通省通知
別添1_170630中間とりまとめ【セット版】rev01
別添2_170630中間とりまとめ 参考資料【セット版】
別添3_厚労省0628(ガイドライン抜粋)
別添4_WTとりまとめ事務連絡
別添5_290714局長通達

▼2017(平成29)年8月25日付 事務連絡/国土交通省自動車局旅客課長
「営利を目的としない互助による運送のためにNPOが市区町村の自動車を利用する場合等の取扱いについて」
こちら

▼2017(平成29)年8月31日付 一部改正国自旅第147号/国土交通省自動車局長
「市町村運営有償運送の登録に関する処理方針」
「自家用有償旅客運送者が利用者から収受する対価の取扱いについて」
市町村有償運送の登録に関する処理方針 新旧
自家用有償旅客運送者が利用者から収受する対価の取扱いについて 新旧

▼2017(平成29)年9月29日付 老振発0929第1号/厚生労働省老健局振興課長
「介護予防・日常生活支援総合事業の介護予防・生活支援サービスにおける訪問型サービスDの実施可能モデルについて」(別添あり)
総合事業における訪問型サービスDの実施可能モデルについて(通知)
別紙_実施可能モデル
参考1_道路運送法における登録又は許可を要しない運送の態様
参考2_NPO等が市区町村の車両を利用する場合等の取扱いについて


▼2018(平成30)年3月30日付 パンフレット/国土交通省交通計画課、旅客課

※「互助による輸送(許可・登録不要の運送)」について、ガソリン代の定額設定の方法が限定的に示されたほか、無償ボランティアのサービス調整時に「仲介手数料」が収受可能であること等が盛り込まれています。
(本文のQ&Aに分かりやすく示されています)

「高齢者の移動手段確保のための制度と地域の取組モデルについて整理・解説したパンフレットを公表しました!」

 同サイトの掲載文書
【高齢者の移動手段確保のための「互助」による輸送
 ~道路運送法上の許可・登録を要しない輸送の制度とモデルについて~】
 ・本文
 ・別添1 運輸支局担当一覧
 ・別添2 道路運送法における許可又は登録を要しない運送の態様について
 ・付録  自動車運送事業(道路運送法)

【「交通」と「福祉」が重なる現場の方々へ
 ~高齢者支援サービスの提供に際しての交通・福祉制度及び事業モデルの整理と解説~】
 ・本文
 ・別添1 運輸支局担当一覧
 ・別添2 道路運送法における許可又は登録を要しない運送の態様について
 ・付録  自動車運送事業(道路運送法)

▼2018(平成30)年3月30日付 通達/国土交通省自動車局旅客課長

「地域公共交通会議に関する国土交通省としての考え方について(本文)」
「地域公共交通会議に関する国土交通省としての考え方について(新旧)」
「道路運送法における許可又は登録を要しない運送の態様について(本文)」
「道路運送法における許可又は登録を要しない運送の態様について(新旧)」
「運営協議会に関する国土交通省としての考え方について(本文)」
「運営協議会に関する国土交通省としての考え方について(新旧)」

▼2018(平成30)年4月 国土交通省自動車局旅客課
「自家用有償旅客運送ハンドブック」
※自家用有償旅客運送の検討プロセスのガイドライン化を受けた対応

ページトップへ

今だからできることがある「Walk with 東北 プロジェクト」のご案内

2014/4/21

風化防止のための国民運動
みんなで止めよう気持ちの風化!
あのとき誰もが感じた東北への思い。
今だからできることがある。
今は今、終わりなき今、今とは未来。
東北と、ともに働き、ともに楽しみ、ともに歩むためのプロジェクト。

「Walk with 東北」は、震災を忘れない気持ちをあらわし、気持ちの風化を止めるためのプロジェクトです。
みんなで「Walk with 東北」ロゴマークを使って、企業や団体・個人の活動に一体感を生み出し「点を面にする」ことを目指します。
あなたの活動にも「Walk with 東北」ロゴマークを添えて、ぜひプロジェクトにご参加ください!

「Walk with 東北

参加方法は「Walk with 東北 プロジェクト事務局」のHPをご覧下さい。

ページトップへ